« フロントのエアサス(ニューマチックシリンダー)も交換、ついでにAアームとスタビリンクも。 | トップページ | さらばセルシオ! »

2018年7月15日 (日)

エンジン・アンダー・カバーの補修

 

Img_0003_2

 出かけた先の駐車場に置いて、一晩明けたらアララ エンジン・アンダー・カバーが・・・落ちてる、地面にべったり・・・。そこには一週間ほど滞在するので、空き時間にのんびりと修理することに。

 落ちた原因は、カバーの取り付け穴がガバガナになってしまったこと。ボルトは全てきちんと残っている。穴がガバガバというよりは穴の周囲のプラスチックが崩落してしまっているというのが正しいか? これまで数回修理というか対策を施している。最近では、取り付けボルトのワッシャより二周りくらい大きな円形の薄いアルミ板をあてがっての簡易パッチで押さえていた。
 が、穴の崩壊と拡大はパッチ面積を上回ってしまったということだ。
 アンダカバーの材質はモールドされたパーツ品番の後ろに「PE」と刻印されているからポリエチレンと思われる。今回は、パッチに厚さ0.7mmのPP板を使うことにした。基本はPEもPPもイケるウルトラ多用途ボンドで接着。穴の広がりが大きくて接着面積が稼げないところはハンダこてで地道にフチに溶着を加えた。それでも強度が足りなさそうなところはタイラップでお裁縫。

Img_0006

 ボンド接着のみのところは、一晩置いて、指でかなり強めに押してみたがびくともしないくらい強力に固定されている。

Img_0010

  ボルト用の貫通穴はハンダこての先で溶かしながらグリグリと開けた。

 ボンドがエンジン熱や振動や油脂類にどのくらい耐えてくれるか未知数だが、1ヶ月経過した現在、アンダーカバーはしっかりと留まっている。
 ウルトラ多用途ボンドは、以前に突如はがれたパラクッション靴底の接着に用いて耐水性については実証済みだ。

« フロントのエアサス(ニューマチックシリンダー)も交換、ついでにAアームとスタビリンクも。 | トップページ | さらばセルシオ! »

セルシオ エンジン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1351083/73819290

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン・アンダー・カバーの補修:

« フロントのエアサス(ニューマチックシリンダー)も交換、ついでにAアームとスタビリンクも。 | トップページ | さらばセルシオ! »

フォト
無料ブログはココログ